元気で長生きしてる人がやっていること?

「元気で長生きしたい!」はみんな思ってますよね。でも、健康診断の結果はいつもよくなくて、、、。
そろそろそんな状態から抜け出さないと本当に体を壊してしまってはたいへん!
細くなろうと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩行したりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちがおこりませんか。
そこでわたしが、一押ししたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。
ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、確実にカロリーも消費されます。
ダイエットを成功させるためには息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。
遅筋は有酸素運動をするときに主に使われる筋肉ですが、筋肉トレーニングで使うのは速筋を使います。
ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。
遅筋と速筋を両方鍛えると、バランスの良いスタイルがなれるかもしれません。
私がダイエットにチャレンジした時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上実行しました。
これを、毎日続けることで、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、続けることは根気がいりました。
ダイエットしている時の間食は絶対にNGです。
仮に食べ物が、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べる=太るという事実を覚えていてください。
過度の我慢もいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質改善ができるといいですね。
女性の視点では、結婚式は生きているうちに一度だけ経験するはずのことなので、結婚を決断してから、私も人並みにダイエットを頑張りました。
さらに、エステにも足を運びました。
お金が色々とかかったのでたった2日間でしたが、非日常的なことをしてちょびっとだけ綺麗な自分に会えた気がしました。
ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、境目がわかりません。
一般的に言われるのは、息が上がるが汗をかかない程度というのが境界線のようです。
でも、汗のかき方は外気温などによっても変わりますよね。
もっとちゃんとした境界線などがあるとダイエットする気になると思います。
歩くことによってダイエットすることの注意点は、40分以上必ず続けて歩く事です。
ウォーキングのような酸素をとり入れる運動で、体内の脂肪が燃え始めるのは、大体、開始から約30分たってからです。
ウォーキングを10分や20分程度したくらいでは、脂肪を燃やすことはできず、痩せる効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。
痩せるためにはある一定の期間が必要ではないですよね。
いきなり体型を変化させることは身体に影響が出てしまいますので、無理なく痩せるための方法を選び、それを何度も行い、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。
ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。

カテゴリー: ダイエット パーマリンク